Le ciel est dans un vase (壷中の天)

 このブログのタイトルは中国の故事、壷中に天在り、からとっています。

 「漢書」方術伝、費長房の故事による。
  昔、中国に費長房という役人がいた。 所在なく往来を眺めていると、城壁下に一人の老人の薬売りがいる。その老人の側に、小さな壷。そして、その老人は壷の中に入って見えなくなってしまった。 次の日、その老人に壷の中に入って消えたのでは、と尋ねた。今日は自分も壷の中へ連れていって欲しいと懇願。そしてその老人と一緒に、その壷の中へ入って行った。

 その中には美しい山水、金殿玉楼があって、歓待を受けて壷から外に出た。

 壷中の中に天がある。壷中在天。
 日常の生活の中に一つの別天地を持つことを「壷中の天」という。
 人間はどんな境遇にあろうとも、自分だけの壷中の天をもち、そしてそれを持つものは、あらゆる現実世界の苦難をも乗り越えられる。また、自分の世界を極めることは、人生そのものである。

 上述のような故事から、名づけました。ただし、壷中の天、だと、結構検索結果が多いので、もう一つ天をつけました。また「天天有」とは中国語で宇宙という意味です。

 このブログの名前についてのご質問が多いので、あらためて書きました。
[PR]
by ciel-dans-vase | 2006-03-25 19:42 | 壷中の天天


<< O toi, la vie (... C'est la pr... >>