Pourquoi est-ce que j'ai commence?

(何故始めたのか?)

私がピアノを始めたわけ:

 著名なピアニストである中村紘子さんのご主人は作家の庄司薫氏です。何十年もまえ、私の通った高校に庄司氏が講演に来た事がありました。たいして、面白い話ではなかったと記憶していますが、これがきっかけで彼のことを知りました。
 
 そして、彼の代表作は「赤ずきんちゃん気をつけて」、そして「ぼくが猫語を話せるわけ」という著作があります。

 閑話休題、

 ところで、最初、私はシャンソン、というかボイストレーニングを受けてました。そのうち、部屋で練習するとき、なにか音源がないとできないなあと思い、まずはギターを購入。簡単なコードの練習をしていたのですが、やはり鍵盤じゃないと、どうも一つ一つの音が良く分からないなあ、と思うようになったのです。シャンソンを習って3ヵ月後、

 しかし、いままで、ピアノはおろか楽器なるものを奏でたことはありません。とはいえ、何となく「ピアノを弾けるようになるのでは」という予感がありました。

 そこで、ボイトレの先生にピアノの基本を習う事となったのです。そう5,6回はレッスンを受けたと思いますが、そのうち、ボイトレとピアノを一緒に習うのは、どうもしっくりこなくなり、結局、ボイトレ一辺倒になり、ピアノはその後、独学というか、シャンソンの曲を独学で練習してました。

 こんな形でしたので、メロディーを右手で、ベースを左手で、そして歌という変なコンビネーションになっていったのですが。

 半年以上、こんな形でしたが、やはり、ピアノの基本をしっかりやらなければと思い立ち、今の先生に習うこととなりました。

 リズムもよくわかりませんでしたので、ソルフェージュもコードも基本から、少しずつ教えていただいてます。おかげさまで、だいぶいろんな疑問がクリアーになってきました。

 で、最初に戻ります。初めはシャンソン、歌がなぜ、ピアノにいたったのか?その理由は:
[PR]
by ciel-dans-vase | 2006-03-19 21:13 | musique


<< Pourquoi (2) Je fais des exe... >>